So-net無料ブログ作成
AX

トラスティベル ショパンの夢 ルプリーズ いい加減な感想2 [ゲーム]

なんか妙にハマってしまっている
 【トラスティベル ショパンの夢 ルプリーズ】(バンダイナムコゲームス)
なんですが、7章まで進みました。
相変わらず、攻略なんかは書かないのですけど、素直に感想だけ記載しておき
ます。

前回の感想はこちら。
http://kesagake.blog.so-net.ne.jp/2008-09-25


IMG_3068.JPG 
いつもどおり、
 【続きを読む】
をはさみます。

なんか毎日2時間位ずつ遊んでいますが、通常の戦闘だけでも結構面白いですし、
ストーリーも多少冗長に思えたところもあるのですが、7章まで進んでみると、まあ
まあ筋の通った語り口な気もします。

最初は、単にポルカ(ヒロイン)が冒険するだけと思わせつつ、ゲーム内で特殊な
存在であることも分かってきましたし。
なんとなく、最後の結末も予想できそうですが、はてどうなるんでしょう?
やはり、ショパンの妹と関わりがあるんでしょうか?

ゲームの進展としては、それ程ストレスが溜まる部分は無いのですが、以下のよ
うな特徴はあるようですね。
 
 1.経験値は貯まり易い
 2.逆にお金は貯まり難い
 3.戦闘のレベル次第で、使えるキャラクターが変わるような

正直、快適に戦える相手と、戦いにくい相手が入り乱れている気がします。
どちらにしろ、ある程度のレベルはあった方が良いので、快適に戦えて、かつ経験
値が上がる地域があったら、のんびりキャラを育てた方が良いのかもしれませんね。
お金も貯まるし。
アイテムを落としてくれる確率が高そうな敵が居る所なら尚更でしょうか。

結局、セミリアルタイム戦闘なので、面白さを持続させるためなんでしょうけど、キャラ
が育って、HPが15,000位になっても、敵のターンで普通に、5,000位のダメージを
食らいます。
パーティーにポルカが居れば、回復系で一瞬で完治させられますが、他のキャラの回
復技では結構厳しいんですよね。
・・・それを、大ボスの「ワルツ伯爵」相手にやらされる(強制イベントでポルカが脱落す
る)とか、えげつないとは思うのですが・・・。
勿論、回復薬を使えば良いといえば良いのですけど、前述の通り、お金が余り貯まら
ないゲームなもので、薬を買わずにポルカに回復させた方が良いか?と思ってしまう
んですよ。
・・・そういえば、ビート(銃で攻撃する少年)がモンスターの写真を撮れば売れるんで
したね・・・。
ひょっとして・・・。

戦闘のパーティですが、戦えるのは3人までですので、厳選しないといけません。
戦闘に参加していなくても、経験値は入るようですが・・・。
現在のワタシのメイン戦闘員は、
 ・サルサ(かないみか)
 ・ジルバ(中田譲治)
 ・ポルカ(平野綾)

です。
ある時点までは「ジルバ」は余り使えない印象があったのです。
何しろ、パラメーターのスピードが遅いのと、実際の戦闘時の移動スピードも遅いので、
2重苦でしたので。
しかし、後半はパワーとディフェンス、HPの多さがモノを言いますので、ジルバは必須
なキャラになってしまいます。
やはりHPが20,000あれば、数ターンは保ちますからね。

戦術としては、
 ・スピードの速いサルサがエコー(戦闘の攻撃で貯まる値)を稼ぐ
 ・ポルカは撲殺のパワーも一流、かつ回復系も群を抜いて強い
 ・ジルバも連撃スピードは遅いが、大剣なので、一撃で2エコー貯まる
  → 或いは、サルサやポルカにエコーを貯めてもらって、ジルバでトドメ!
になります。
また7章ですと、戦闘のレベルが5になり、戦闘時の移動スピードは余り関係がなくなり
ますので、ジルバはより有用になるようですね。

戦闘レベル4辺りからは、24エコー貯めて強力な必殺技を使うのが勝利の鍵になるの
ようですが、やはりサルサかマーチを組み込むことで、効率的にエコーを貯めるのが、
いいのではないか?と思います。
斉藤千和さんのファンでしたら、マーチを使うのでしょうね(笑

それにしても、CVが豪華だなぁ~。
最近、中田さんが普通にカッコいいキャラを担当というイメージがなくなってきていたもので、
今回のジルバはなかなか気に入っています。
必殺技を繰り出す前の見得もなかなかカッコいいですしね。
といいつつ、平野綾(ポルカ)の「痛いんですからねっ!」と言う見得を切った後、敵を完膚
無きまでに撲殺する姿・・・。
シュールだ・・・。

http://namco-ch.net/trustybell_ps3/index.php
→ 公式HPはこちら。





IMG_1923.JPG
「・・・オヤジ、オヤジは丹下桜ファンであり、平野綾ファンでは
 なかったハズ・・・」


・・・おっしゃるとおりでございます。

「・・・ゲームのキメ台詞は印象に残るからナ・・・
  【あなたにわたしは倒せないっ!】
 とか・・・」


そうですね。
桑島法子さんは好きですが、DOAの霞だけは、丹下ヴォイス以外は許せません。

「・・・変態的コダワリだぞ、うー・・・」

まあ、どっちにしろTEAM NINJAはもうアレですから、関係ありませんかね・・・。
初代XBOXのDOA2が最高のDOAと言うことで、一つ・・・。





トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ(特典なし)

トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ(特典なし)

  • 出版社/メーカー: ナムコ
  • メディア: Video Game




あうえう。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 5

コメント 0

コメントの受付は締め切りました
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。