So-net無料ブログ作成
AX

日々の気付き(2011/10/10) [日記]

なんかすごい久しぶりの更新。
相変わらずPV数を求めていないので、複数の話題をひとつの日記で記載しておきます。



○この三連休

三連休ですが、ひたすら部屋の片付けをしておりました。
旧PCから新PCにメインマシンを替えるに当たり、どうせなら勉強しやすい配置に変えたかった
というのもありまして。
「勉強のため」と書いておいて何ですが、片付けの大部分は未組立のガンプラやフィギュアの
整理に費やされるのですけれども。

最終的には、
 ・寝室兼PC&勉強部屋
  → かなりスペースが空いた
 ・倉庫っぽい部屋
  → こちらもかなり空き
 ・ダイニング
  → ここにダンボールに詰めたモロモロを配置
という感じに。
なによりPCの傍にモノが余り無くなったので、落ち着いて物事を考えられるのが良いです。

やっぱりモノの買いすぎは良くないのです。
時々整理を本格的に行うと、物欲が止んで良いのかもしれません。
というか、片付けに掛かる時間を考えると、これ以上室内のモノを増やしたくないというのが
本音ですかね。
安価なモノを大量に買うより、本当に気に入ったモノに一点集中した方が良いのかも。



○Ubuntu!

旧PCにはWindows Vistaが入っておりますが、サポートが切れたらネットに繋ぎたくない!
でも、最低限のネット利用はせねばならない訳で。
かと言って、そのためにWindows7を買うのもなんかなぁ~という感じなので、

IMGP0268.jpg
とりあえず上の写真の本を購入してみました。
SE的な仕事をしなくなって久しいので、コマンドラインというのも久々です。
ただ、設定が終わればGUIみたいですし、問題はないのかな?
オープン系のソフトも良いものが揃っていますし、日常はこれで問題がないのやもしれません。
新PC(Core i7 2600K)と旧PC(Core2 Quad Q6600)では性能が雲泥の差ではあるので、
Ubuntu側はあくまでサブとなりますが、良い経験にもなりそうですしね。

マザー交換が済んだら入れてみようと思うとです。



Ubuntu上級活用マニュアル

Ubuntu上級活用マニュアル

  • 作者: 阿久津 良和
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2011/02/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




○10月からのアニメとか

7-9月期は余り話題作と言えるものがなく、客観的には「ピンドラが1クール目にグズグズしていたら、
「ゆるゆり」に人気を持って行かれてしまった」というのが正しい把握なんでしょうか。
まあ、ピンドラも2クール目に入ってそれなりに面白くはなってきたようですが・・・。
・・・が、10月からの作品の方が超話題作ばかりだったりして、なんとも不幸!という気がしています。

そんな10月からのアニメですが、どう見ても、
 ・ラストエグザイル
 ・ガンダムAGE
が明らかな2トップ。
そのすぐ後に、
 ・Fate/Zero
という感じですかね。
私も「小林誠」さんのファン(いろんな意味で)なので、興味の順番はまさにこの通りですかね。
ラストエグザイルに付いては旧作のタチアナも出るみたいで、いろいろと期待も高まります。
一番のお目当てはヴァンシップですけど(笑。

ガンダムAGEに付いては、キャラで色々言われているようですが、1話を見るかぎりではむしろ好印
象。逆に最近のガンダムが如何に「腐女子に媚びて」いたかが分かろうか?というものです。
イケメンのパイロットが活躍するよりも、人民の危機に不安な中立ち上がるガンダムこそ、真のガンダ
ムだって事ですかね。

Fate/Zeroは面白いですけど、1話の中に必ず目を惹くエピソードがあるという保証がなさそうなんで、
ある程度の前提知識は必要なのかも。
後BGMは梶浦由記のようで、まどか☆マギカの時といい妙に
虚淵玄さんと縁があるみたいで。
ただ、fate系では氏の特徴あるBGMは流れないでしょうから、サントラを買うとかそういう心配は不要
かなぁ~。

と、客観的には上記の通りなんですが、
 ・如何にも深夜アニメ
というのとは少々違う気もします。
多少はマイナーというか、フェチな感じがないと。
上記三作品の次となると、
 ・WORKING!!
なんだろうなぁ~とは思うものの、これも人気作の二期ですので、意外性はないんですよね。

で、録画していた番組をダラダラ流し見していたんですが、実に意外なところに好みのアニメが有りま
した。如何にもギャルゲ然としたタイトルなんで、最後の最後に期待せずに見た、
 ・ましろ色シンフォニー
ですが。
制作がマングローブ。
最初、出来のいいギャルゲ原作のアニメなんで、「動画工房」制作かと思っていたんですが(笑。
マングローブらしくOPアニメの出来が半端ないですし、曲もかなり良い。
EDもmarbleだし。
本編も纏めが上手いのか、至って自然。
ギャルゲ原作アニメの1・2話が、キャラ紹介で不自然なシナリオになる愚を犯していないのは良いで
すね。なんか、2005年~2008年頃の高品質で独特の情緒感のあるアニメを見ているような感じで、
TrueTearsとかを思い出してしまいます。

とかなんとか書きましたが、一番面白いのは、
 ・天空のエスカフローネの再放送(BS11)
 ・ミルキィホームズの再放送
なんじゃないかと。
両方共に、BDに焼き残す為に録画&視聴!



IMGP0271.jpg
「おじちゃんは『ましろ色シンフォニー』が面白かったんだね。
 気に入ったアニメがあってよかったねっ!」


IMGP0274.jpg
「全く、相変わらずchisaはkesagakeさんの事を理解できていない
 なぁ」

「えっ?
 でも上の日記で、まさに「ましろ色シンフォニー」が面白かったって、
 おじちゃんは書いてるよ?」


IMGP0277.jpg
「私はこのゲームをkesagakeさんのPCの傍で見つけました。
 そして、TVに向かって
 「っったく、「ぱれっと」のゲームをアニメ化するなら、「くすくす」さんキャラのにしろよっ!」
 って愚痴っていたのを聞いたのです。
 可哀想なkesagakeさん。
 私はそんなkesagakeさんの為に、
 ・晴れときどきお天気雨
 を予約しておいてあげましたよ。
 発売が延びちゃいましたけど」
 

IMGP0278.jpg
???

chisaは思うのだ。
どうせおじちゃんは買っても遊ぶお時間がないんだよ。
それなのに、「ましろ色シンフォニー」の原作も目を通さないといけないと思って、amazonでポチろうと
していたみたいだね。
PSP版のほうがキャラが増えているケド、あんなシーンやこんなシーンは無いだろうから悩ましい所だ
よ。
後、アニメのOP曲を歌っている「ちょうちょ」さんって、誰かに似てるよね。
アルフィーの高見(ry



おわり


あうえう


ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana (初回限定「ビッグタオル」同梱)

ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana (初回限定「ビッグタオル」同梱)

  • 出版社/メーカー: コンフォート
  • メディア: Video Game

ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana(通常版)

ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana(通常版)

  • 出版社/メーカー: コンフォート
  • メディア: Video Game


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。