So-net無料ブログ作成
検索選択
AX

なんとなくなアニメ感想 2013年10-12月期 [アニメ]

最近、月に一回程度しか更新していなかったもので、自然とアニメの感想を
書いていなかった訳ですが、なんとなく久々に。
といいつつ、余りまとまった書き方には致しませんが。

今期(2013年10-12月期)ですが、妙にワタシ好みなアニメが多い気がし
ています。
正直、期待していなかった作品が、予想外にいいというか。


1.BGM
アニメのBGMというと、ここ最近は、
 ・菅野よう子
 ・梶浦由記

の二人の活躍が目立つ・・・というか、この二人だけ(深夜アニメのBGMとし
ては)という気がしておりました。
7-9月期も、空の境界の放映がありましたし。
菅野よう子は「花が咲く」だし、梶浦由記はヒストリアだし・・・。

P1010137.JPG
が、そんな2人以外で私の好きなアニメ系BGMと言うと、大昔の作品も
加えれば別ですが、ここ最近ですと、
 ・フリージング
のBGMがなかなかのものかな?という印象でした。
曲は「横山 克」さんのもので、同アニメのOP&ED曲のマキシ・シングル
に収録されてます。後は同アニメの、BDにも。
今期は、そのフリージングの二期が放映されてますから、BGM王は自然、
 ・フリージングの横山克!
で決まりであろうと思っていたのだけど、とある作品を見て「んんっ?」と
思料。それは、
 ・機巧少女は傷つかない
でして、1話の列車トラブルシーンや、その後のシグムントの戦闘シーンで
流れていたBGMはかなり自分の好みだったりしたのですね。
後は、4話の戦闘シーンで再度列車トラブル時のBGMが流れましたが、
その使われ方もお見事かと。
と、このBGM、誰の手によるものやら?と、確認しましたら、なんとこの機
巧少女は傷つかないのBGMも横山克さんであったという。
なにげに、2作連続して好みのBGMをご提供頂けるとは、気になるお人に
なりそうです。

後は、ガンダムビルドファイターズのBGMも意外とよろしいのかと。
キルラキルのも当然の如く良いですが。


2.背景画
なんとなくですが、最近「背景画」が気になります。

P1010138.JPG
この点、今期のアニメは傑作が多い気もしておりまして、
 ・コッペリオン
 ・のんのんびより

の2作品は妙に背景画が気になります。
特に「コッペリオン」の方は、昔、それなりに話題になった、
 ・東京マグニチュード8.0
というノイタミナ枠のアニメを思い出すというか。
まあ、メジャーコミックスが原作ですので、視聴意欲はそれなりですが、背景
画の美しさは凄まじい限り。
愛知ですと、BS11でしか見れないので、録画の失敗が怖いところです。

全体としての自分の好み順としては、現状では、
 1.機巧少女は傷つかない
 2.キルラキル
 3.ガリレイドンナ
 4.ガンダムビルドファイターズ
 5.のんのんびより
 6.境界の彼方

の順番かな?といった所。
今期のフリージングは、如何にBGMが好みとはいえ、原作の時点で主人公
2人が活躍できないのが分かっていますし(主に、シフォンとエリザベスが活
躍)ね。一応、見ますが。
キルラキルについては、批判的な意見は他のブロガーさんも無さそうにも思
えるのですけど、放送時の画質は気になる所。キャラデザが「ど根性ガエル」
を思い起こさせる気もしますしね。
セリフの掛け合いは面白いけど。
バランスの良さでは、「機巧少女は傷つかない」と「ガリレイドンナ」かな?と。
BDのセールスが最重要とすれば、私の場合はこの2作品だったら・・・と考
え中。ガリレイドンナは、さすが梅津さんと思います。
「境界の彼方」が低いのは、やはり「京アニ」の作風が固まってきつつあるの
がどうも・・・という。
今作の主人公も「リアルタイプ・平沢唯」に見えて仕方がないので。

と、適当でスイマセンが終わり。


あうえう


コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。