So-net無料ブログ作成
AX

Windows8.1 アップグレードとSecureBootでのドタバタ [パソコン]

自分の備忘の為にもう一記事更新。
他の方にも多少の役には立てるかもしれませんし。

Windows8 → 8.1のアップグレードを行いました。
アップグレード自体はなんの問題もなく完了したのですが、その後、
 ・デスクトップの右下に、
  【Windows8.1 pro
   Secure Bootが正しく構成されていません
   Build 9600 】

と、表示されるようになったのが悪夢の始まりだったのです。

で、私の場合、その悪夢の犯人は下の写真の通りでして・・・。

P1010151.JPG
パソコンにソコソコ詳しい方は、余計分からないかも知れません。
GEFORCE GTX TITAN といえば、シングル最強の座を780 Ti に譲ったとは
いえ、ほぼ最新のグラボ。
それがなんでWindows8.1に悪さを?と。

まず私の悪夢の説明をしますと、
 ・ある日の夜、10:00位からWindows8.1のアップグレード開始
 ・アップグレード完了、画面の右下に件のメッセージが出る
 ・BIOS画面に移行、セキュアブートを有効にして抜ける

と、起動・・・ん?
 ・起動しないっ?
というか、マザーボードメーカーのロゴすら出ません(悲。

これは、まさかぶっ壊れたのか?と深夜11:00頃に焦りまくり。
もう寝たいのに・・・。
やむを得ず、自作PCのケースを開けて、CMOSクリアのボタンを押すことに。
で、一度は起動するのですが、二度は起動しないという感じ。
今は他の方がブログ等に情報を残してくれているのですけど、当時は何も情報
がなく、手探りで色々対処。
仕方なく、
 ・BIOS上でセキュアブートを無効
にすると、元通り起動するようになりました。

画面右下に、嫌なメッセージは出続けていますが、まあ起動しないよりはいい
だろう・・・というそんな状態です。
で、後日ネットで調べると、
 ・グラボがセキュアブートに対応していないのにマザーでセキュアブート
  有効にするとPCが起動しない

とのこと。
そう、最近のグラボで、パフォーマンスはNvidia系の方が良いのですが、こと
Windows8への対応では、ATI(Radeon)の方が進んでいるのです。
UEFIへの対応とかですね・・・。
つまり、ほぼ最新のTITANなのに、Windows8.1では変なメッセージが出ちゃ
う、というなんとも情けない状態。
正直、憤懣遣る方無いとはこの事。

怒りに任せて、Radeonの「R9 290X」のUEFI 対応製品が出たら買ってやろう
か!と、お金もないのに考えてしまった位。
ですが、元々TITAN を買ったのは3DCGで使いたい為なので、冷静に。
290Xじゃダメ。
無駄遣いは出来ませんよ。

と、 11月上旬に
http://support.microsoft.com/kb/2902864
の更新プログラムが出ました。
Windows Update では自動適用されないので注意が必要ですが。
しかしまあ、このドタバタは何だったのかな?と。
最新のグラボでこんな事になるのもなんですが、マイクロソフトも上手く回避で
きなかったのかな?と思ったりします。
まあ、自作PCのグラボまで面倒見きれるか!という事なんでしょうけどね。

正直、主力PCは未だにWindows7なんですが、今後もそれは変わらなさそう
です。トホホ。


あうえう。

Microsoft Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語

Microsoft Windows 8.1 Pro (DSP版) 64bit 日本語

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト(DSP)
  • メディア: DVD-ROM



Microsoft Windows 8.1 Pro

Microsoft Windows 8.1 Pro

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: DVD-ROM


コメント(0) 

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。