So-net無料ブログ作成
検索選択
AX

AKG K612 Pro 購入の件 [AV機器]

備忘の為にアップ。
以下のものを購入しておりました。
消費税の増税前に。

AKGのヘッドホン
 【K612 Pro】
を。

P3090109.JPG
パッケージはこんな感じです。

長らく、イヤホンの事ばかり日記にしておりましたが、「寝るとき」以外はヘッドホンも
使ってまして。
そこそこのお値段のヘッドホンも所有しているのですが、増税前に
 ・比較的安価(と言っても、15,000円前後しますが・・・)
なものを買い足しです。

AKGのヘッドホンについては、最近ではK550のデザインのカッコよさ等も話題になっ
たと思いますが、同一価格帯で音質重視ならこちらかな?と思いまして。
別にK550の音が悪い等という気はなく、私の利用スタイルや、他に所有しているもの
との兼ね合いもあって、K612 Proを選択。
密閉型で上位のヘッドホンは、他にも所有してますし。
AKGならではのオープン型の良さを味わう為、K612 Proという感じでしょうかね。


P3090112.JPG
製品はこんなかんじです。
かなり大きなヘッドホン。耳をすっぽり覆います。
寝ホンには無理っぽいですね。
寝返りどころか、首を傾けるのも大変です。

ちなみに、イヤーパッドはK712 Proのものとは微妙に素材が違いました。
K712の方は、低反発って感じで指で押すと少し遅れて形が戻るような素材
ですが、このK612は普通の素材のようです。
ネットで調べた時には、K712と同じと思っていたのですが。
並行輸入品?だからなんですかね?

P3090113.JPG
上から見ると、「AKG(アーカーゲー)」のロゴが見えます。
ちなみに、一部のユーザーから不評だった、「コブが頭にあたって痛い」
の「コブ」は、K612にはありません。
私はどっちでも気になりませんが・・・。
(Q701も所有してます)

P3090114.JPG
横から。
写真では暗くなってしまいましたが、ケーブルは着脱不可。
少々残念ですが、C/P優先ということでしょう。
オープン型なので、穴が開いてますね。
音場の広がりを感じる事が出来ますが、代わりに外部の音が聞こえちゃいますので、
屋外での利用には向かないでしょう。
というか、元々音楽のプロ用ヘッドホンの廉価版なんだから、外で使うという発想では
無いのは当たり前か・・・。

さて、肝心の音ですが、
 ・今までのAKGのK6系、K7系(Q701も含め)と比べて、低音が盛られている
という評判の通り、低音まで含めてバランスが良いと思います。
Q701では正直、ロックやJpop等を聞くにはちょっと低音不足な印象で、かと言って
イコライザで低音を上げると篭もった感じになる等、微妙に不満もあったのです。
K618DJで、低音(というか、リズムというべきか?)が強調されているのも、AKGら
しさ+低音で良い感じでしたが、純然たるイヤーモニター系で低音がバランスがいい
ものが欲しかった、んでK612を購入した、という判断なんですよね。

購入直後は、高音が少々弱い印象もありましたが、エージングの結果か、今は丁度
良い感じ。
増税前に、皆様もいかがでしょう?という感じですね。
ただ、DACかアンプを挟まないと、K612はまともに鳴らないらしいので注意。
後、原則「音楽やさん」向けの製品なので、家電量販店での扱いが無く、所謂、
 ・楽器店
での商流でしか扱いがない(まあ、今はネットで買えますが)という点も注意。
ヨドバシの店頭に並んでいたりはしないようです。

しかし、K612を買ったらK812が発表されまして。
まあ、お値段10倍ですから、どのみち買えませんけどね。

あ、後プチトリビアですが、このK612Pro、
 ・昔、「けいおん」というアニメで話題になった、「K701」の姉妹機の最新版
という事になる筈。

http://p.tl/OU4W

というか、高校生の軽音楽部の人が、AKGのヘッドホン。
通常価格4万円が7万円(定価)になってしまった「けいおん」の功罪(笑。
しかも、低音を含めてのバランスは余り良くないK701を使ってた、というのって、
今思うとどうなのかな?
デザイン重視でアニメに出したのか?という疑問も。
まあ、今ならK550のデザインが良いよね・・・と、思う今日此の頃です。

あうえう

↑ ソネブロのamazonリンクで、K612 Pro へのリンクが貼れませんが、
 扱いはあります。
 上は上位モデルのK712 Pro(約4万円)

コメント(0) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。